Translate:

マンガTosakusa39. シロギスの投げ釣り②

シロギスの投げ釣りマンガ fishing-sandborer
Tosakura
©2017 shiori natsuno

スポンサーリンク

シロギスはなかなか釣れない

シロギス釣りは、すぐに釣果(釣れた数)が出ません。

シロギスの群れているポイント探しから始まります。

投げても投げても、何にもない。

誰かが釣れたらそのあたりがポイントだと分かります。

とにかく最初の一匹が釣れるまで投げ続ける。

高知も護岸工事でシロギスが減ったと聞きます。

シロギスが針にかかったら、コツっとしたアタリが分かるといいます。

高知の海岸での投げ釣りでは、太平洋の波がザバザバ打ち寄せていて、アタリなどまったく分かりません。

とにかく投げて、リールを巻いてみるだけです。

リールを巻いてみて、あ!シロギスが釣れていた、という感じでした。

釣れたシロギスはピンク色の光沢。

美しい。

魚屋で見る色とは違う。

頑張ってよかった。