Translate:

番外3. マンガのフォントの世界がすごすぎる

 フォント文字 font

マンガの会話文(ふきだし)は、前回(番外2.マンガの文字)でアンチゴチになるイワタアンチック体Bを使うことにしました。
アンチゴチとは、かな文字をアンチック体、漢字をゴシック体にすることをいいます。
そして、心の声の源柔(げんじゅう)ゴシック、ナレーションの源真(げんしん)ゴシックをダウンロードしました。
今回は、源柔(げんじゅう)ゴシックと源真(げんしん)ゴシックを説明しましょう。

源真ゴシックと源柔ゴシックって何?

説明文と心の声を書くフォントとして、源真ゴシックと源柔ゴシックをダウンロートしてみました。

解凍されたファイルを開くと、それぞれフォントの種類がいっぱいある!

どれを入れたらいいんだろう?・・ちょっと焦る。

とりあえず標準を使ってみるか?と思ったが、NomalとRegularがある?

どっちがデフォルトなのだろう?

そもそも源真ゴシックと源柔ゴシックは源ノ角(げんのかく)ゴシックを元にして作られました。

源真ゴシックと源柔ゴシックは源ノ角ゴシックの派生語

源ノ角ゴシックと呼ばれているフォントは、Source Han Sansの日本名です。

Source Han Sansは、あのAdobeがGoogleと共同開発したオープンソースのフォント。

また、源ノ角ゴシックはGoogleのNotoフォントファミリーの中でNoto Sans CJKというフォント名でも公開されています。

つまり源真ゴシックと源柔ゴシックは、Source Han Sans / Noto Sans CJK の派生フォントなのです。

少しややこしいですが、

源真ゴシックは源ノ角ゴシックをTrueType 形式(Windowsの一般的なフォント)に変換したもの。

源柔ゴシックは源真ゴシックの字形が丸くなったもの。

どれくらいの太さを使えばよいだろう。

ダウンロードするフォントのタイプに悩む。

調べてみると、フォントのデフォルトが、Noto SansがRegular、源ノ角ゴシックがNormal。

源ノ角ゴシックではNormalのほうがRegularよりも少し細くなる。

ということで、とりあえずNormalの源柔ゴシックと源真ゴシックをインストールすることにしました

後は使いながらインストールするか考えよう。

しかし、調べていたらフォントの形式もいろいろあるし、

気が遠くなるようなフォントの種類がある。

フォントの世界に踏み入れるとそこだけで迷子になりそうだ。

追記

Nomalのフォントを使ってみたが少し細すぎたかもしれない。

BoldとMediumも追加してみた。次回に使ってみよう。

マンガのコマを試行錯誤して書いている最中である。

どうやらMediumが良さそうです。