Translate:

マンガTosakura208. コンビニには低糖質のお菓子

甘い物 甘味中毒 砂糖中毒 甘味依存 砂糖依存症 大好き スイーツ sweets 糖質制限 糖質制限ダイエット ダイエット 炭水化物ダイエット 痩せる 太った 糖質 脂質異常症 高脂血症 コレステロール マンガ とさくら とさくらマンガブログ ブログ Tosakura 高知 離脱症状 禁断症状 砂糖依存 甘み中毒 甘み依存 空腹感 辛い

Tosakura
©2017 shiori natsuno

スポンサーリンク

糖質制限を始めた頃の落とし穴

太って痩せたい、検査で問題があった、など糖質制限を始める人は結構多いです。
しかし、糖質制限ダイエットを失敗する人も多いのです。
糖質制限をきちんと一定期間続ければ痩せるのですが、続けられない。

大きな理由は2つあります。

襲ってくる空腹感

ひとつは、炭水化物を抜くとすぐにお腹が空くのです。
糖質制限を始めた頃、おかず類をいっぱい食べても、次の食事時間までにお腹が空いてきて、空腹感に悩まされるのです。
糖質制限ダイエットは、空腹感への対策をしないと続きません。

空腹感対策の1つ目は、まず間食をすること。
次の食事時間までお腹が保ちませんから、糖質の少ないものを途中で食べておく。
そうしないと、次の食事までの間空腹でイライラしますし、次の食事の時に暴食してしまったりします。

空腹感対策の2つ目は、こんにゃく米ご飯を作ることです。
こんにゃく米やしらたきをお米に混ぜて炊きます。
そうすれば、同じ量でも含まれる糖質の低いご飯を作ることができます。
こんにゃく米やしらたきを混ぜる量を増やせば、糖質量を半分くらいに抑えることができます。
作り方や混ぜ方、混ぜる量について、このブログサイトでは詳しく載せてします。

こんにゃく米を食事時間に食べて腹持ちを良くする事もできます。
また、こんにゃく米をおにぎりにして、間食として食べることもできます。

空腹感に負けて糖質制限ダイエットを挫折する人もいます。
ダイエットを始めると、「食べてはいけない」と考えてしまいがちです。
「食べてはいけない」のではなくて、「糖質の少ないもの」であれば食べても大丈夫です。
低糖質なものを食べて、空腹感対策をしましょう。

甘いものを我慢できない

糖質制限ダイエットを始めて、「よし甘いものをやめよう」と考える人もいるでしょう。
今まで甘いものをよく食べてきた人が、いきなり甘いものを全断ちすると耐えられません。

自分もいざ全断ち!と挑戦しましたが、甘いものを食べたくて仕方がなくなるという離脱症状が出てきました。
食べたくてたまらないという離脱症状はやがては減っていきますが、それまでの期間が我慢できません。
無理をすると、その甘いものへの欲求が我慢できなくて、糖質制限に挫折してしまいます。

糖質制限に挫折しないためには、「減糖」をお勧めします。
つまり糖質の低いものを食べることで、離脱症状を起こさないようにするのです。

スポンサーリンク

低糖質なお菓子がコンビニで買える

ではどうやって減糖するのかというと、糖質オフのお菓子を探せば良いのです。

ケーキやクッキーは、ネットでも低糖質で美味しいお菓子が買えます。
低糖質のお菓子を自分で作ってみたり、買ったりしましたが、餅は餅屋です。
やはりプロが作っている低糖質のお菓子のほうが美味しいです。

しかし糖質制限を始めた最初の頃は、甘いもの食べたい欲求がいきなりやってきたりします。
注文して届くまで待っていられません。
そういうときはどうするのか?

スーパーやお店でも低糖質のお菓子は売っています。
それ以外に、コンビニでも手軽に低糖質のお菓子が買えるのです。
コンビニはあちこちにたくさんあるので、低糖質のお菓子をわざわざ探し回る必要がありません。

糖質制限は、糖質制限を始めた最初の頃が一番辛いのです。
糖質制限に慣れてくると、あまり苦痛ではなくなるのですが、とにかく最初の頃が辛い。

この辛さがずっと続くのか?と最初は思うでしょう。
しかし、離脱症状もやがて変わっていきます。
最初の頃に襲ってくる壁を乗り越えると、意外と糖質制限を続けられます。

糖質制限ダエイットを成功させるために、コンビニを活用しましょう。