Translate:

22. 土佐和紙工芸村「くらうど」

 土佐和紙工芸村 QRAUD(くらうど)

土佐和紙工芸村「くらうど」は仁淀川の目の前にあります。

ここに来るとSpaやレストラン、各種体験だけではなく、

仁淀川の清流を眺めることもできます。

くらうどのSpaは薪の香りがして、薬湯が心身を癒やしてくれます。

スポンサーリンク

清流仁淀川のほとりにある土佐和紙工芸村「くらうど」

「土佐和紙工芸村QRAUD(くらうど)」は、土佐和紙の町である「いの町」にあります。

目の前にはあの清流仁淀川が流れています。

QRAUD(くらうど)から四季折々の仁淀川の姿を観ることができます。

施設内にはレストランや宿泊施設、ギャラリー、物産コーナーがあり、土佐和紙の紙すきを体験することもできます。

QRAUD(くらうど)の一番のおすすめはSpa(お風呂)で、仁淀川の伏流水を使っています。

Spa(お風呂)には、まず薬草をブレンドした薬湯があります。

ここの一番のおすすめポイントは、仁淀川の伏流水を薪で沸かしていることです。

薪で沸かしたお湯はまったりとして優しいお湯になります。湯船に浸かると、ほんのりと薪の香りがしてきます。

この湯の肌触りとほのかな薪の香り。心も体も癒やしてくれます。

Spa(お風呂)にはサウナもあって行くたびに入るのですが、自分は長くサウナに入っていられないのですぐに降参。ハフハフ。

水風呂にも浸かろうとするけれど、根性がない自分は下半身までしか浸かれません。しかたなく冷水っぽいシャワーを浴びています。

風呂上がりには飲料用の水も用意されています。

Spa(お風呂)は3階にあり、1階から渡り廊下を歩いて2階の休憩室に着きます。そこから3階のSpa(お風呂) に行くことができます。

休憩所は広々としていて、湯上がりをゆったり過ごすことができます。

座っているとそのままずっと過ごしたくなってしまいます。

また、QRAUD(くらうど)の1階では時々結婚式や披露宴も行われています。

レンタル自転車も1階に置いています。

レストランは一度食事をしました。また食べたいなぁ。

スポンサーリンク

目の前は清流仁淀川

 

QRAUD(くらうど)のすぐ前に仁淀川が流れています。

時々漁をしている人も居ます。

キャンプやバーベーキューをしている人も居ます。

カヌーの体験もできます。

一番よく見かけるのは、散歩をする人です。

それも犬の散歩。

河原で散歩をする人の周りで犬が走り回っています。

確かにこの辺りは山で平地が少ない。

犬の散歩をさせるとする場合、仁淀川の河原が一番かもしれません。

犬も車や歩行者を気にせず、好きなだけ走り回ることができるでしょう。

必死に走り回っている犬が微笑ましいです。

またQRAUD(くらうど)付近の仁淀川では、時々川霧がよく見られます。

日本画の世界をリアルに見ることができます。

仁淀川の幻想的な川霧を見たい人は、この周辺を走れば見られるかもしれません。

夏場でも夕方でも川霧は発生しています。