Translate:

Blog9. 予算10万円でデジタル絵の道具を揃えよう~ペイントソフト

ペンタブレット パソコン とさくら マンガ デジタル絵 ペイントソフト

パソコンを揃え、ペンタブレットも揃えた。

あとはペイントソフトをパソコンに入れて、デジタル絵作成が開始できます。

ペイントソフトは何が良いのでしょうか。

ペイントソフトは有料と無料とどちらがお薦めか

無料のペイントソフトと有料のペイントソフトの両方を使ってみた感想です。

有料のペイントソフトを買ったほうが何十倍も使い勝手が良いです。

簡単に一枚くらい描くくらいなら無料ソフトでも良いでしょうが、絵を描き続けたいなら有料のペイントソフトを買うべきです。

最初あれこれいろんな無料版を使ってみて、デジタル絵を描いてみました。

あとから有料のペイントソフトを買ってみて、最初から有料版を買っておけばよかったと思いました。

描きやすいし、機能は優れているし、ペンタブの反応の速さも良いし、無料のソフトより遥かに優れていました。

お金を取って開発している分優れていると思います。

素人だから無料で、ではなく、素人だからこそ有料のペイントソフトを使うべきだと思います。

素人の方が挫折しやすいので、描きやすいペイントソフトを選ぶべきです。

最初無料のペイントソフトを使っていて、最初は結構描けるかなと思いました。

どんどん描き込んでいくと、反応が悪いときがあったり、設定が少なかったり、無駄な手間が多く出てきました。

有料のペイントソフトを買って使ってみると、無料のペイントソフトでは不満だった部分がすーっと順調に描けました。

有料のメリットは大きいと言えます。

有料のペイントソフトはどれがいいか

有料版で有名なペイントソフトは

Photoshop

CLIP STUDIO PAINT

が挙げられます。

それ以外には、線画がきれいに描けると言われているSAIがあります。

ただSAIは機能が少ないです。

画像処理に優れたPhotoshop

自分が最初に使ったペイントソフトは、Photoshopでした。

ペンタブレットを持っていなかったため、画像処理に使っていました。

写真や画像加工をするならば、Photoshopが一番です。

加工機能に関しては唸るくらい素晴らしいソフトです。

超多機能なソフトですが、多機能すぎて初心者には使いにくいかもしれません。

しかし、イラストやマンガを描き始めたい場合、Photoshopは残念ながら第一選択ではありません。

Photoshopはプロも使うソフトなので、価格が高いです。

そして機能が多すぎて、初めての人は使うのに戸惑うかもしれません。

またイラストを描くのに特化したソフトではありません。

現在PhotoshopはPhotoshop CC(Creative Cloud)として月額販売で安く始められます。

それでも一年使うと、他のペイントソフトより高くなります。

最近のソフトは買い切り版ではなくクラウド版で月額制に移行していますね。

初心者でどうしてもPhotoshopを使いたい人は、簡易版のPhotoshop Elementsがあります。

買い切りがあるし、学生の場合割引を使えば少し安く使うことができます。

Photoshop と Photoshop Elementsの両方を使ったことがありますが、初心者にとってはPhotoshop Elementsの方が使い方は分かりやすいです。

一般向けにはPhotoshop Elementsで十分でした。

ただPhotoshopの方が、加工機能はかなり優れています。

CLIP STUDIO PAINT

これからデジタル絵を描きたいと思っている人には、CLIP STUDIO PAINTがお薦めです。

というか、今現在とこれからの開発を考えるとこれしかない。

デジタル絵やデジタル漫画に特化したソフトで、一番開発が進んでいるソフトだからです。

このCLIP STUDIO PAINTを使ってみて思ったのは、

このソフトは、デジタル絵が描きやすいソフトというより、

デジタル絵をうまく描けるように助けてくれるソフトでした。

初心者を助けてくれる機能がたくさん付いています。

描くのに慣れている人ならば、手間を省いてくれる機能が付いています。

マンガをデジタルで描きたい人は、CLIP STUDIO PAINTが一番便利でしょう。

枠線一つ作るのもあっという間に描けてしまいます。

アニメーションを作る機能もついています。

ただ、機能が沢山ついているため、どこにどんな機能があって使い方を覚えるのに時間がかかります。

描きながら覚えていっているのですが、まだまだ使っていない機能があります。

それでも便利さを考えると、イラストやマンガを描くならCLIP STUDIO PAINTは優れています。

Photoshopと比べて、CLIP STUDIO PAINTには機能に付いていないものがあるので、今後の開発に期待しています。

無料版のソフト

最初は無料版のペイントソフトを使ってみました。

Pixia

MediBang Paint Pro

FireAlpaca

どれも使えます。綺麗に描くこともできます。

使えるのですが、描いているとなぜかアナログで描きたいという気分になりました。

これらの無料のペイントソフトで描けるのですが、快適というわけではないのです。

そのため、デジタルで描くのが手間、実際に紙に描くほうが楽かも~と思いました。

有料版のペイントソフトを使い始めてから、デジタルでしかできない機能で絵を描く楽しみを感じました。

有料は有料だけの価値がある。

画像加工に関してはGIMPを入れました。

有料版ペイントソフト代を捻出

ペンタブレットの費用を抑えて、その分有料ペイントソフトに資金を回しました。

どうしたかというと、ほぼ新古品のペンタブレットをネットで買ったのです。

箱も綺麗なままで、替芯も未使用で、数回使ったくらいの美品の中古品です。

最初新品で買おうと思ったのですが、新古品に近いものが売っているのでそっちを買ってしまいました。

その差額でCLIP STUDIO PAINTを買いました。

パソコンもセール期間を狙って買い替え発注しました。

これで最初の予算10万円にほぼ収まりました。

パソコンの買い替え時期にデジタル絵を始めましたが、

もし最初何も持っていなくても、このくらいの予算でパソコンもペンタブレットもソフトも準備して始めることができます。

デジタル絵は楽しいよ。