Translate:

33. 高知の宇佐産うるめいわし

うるめいわし 宇佐市 高知 round-herring

高知の土佐市宇佐のうるめいわし、地元では刺し身や海鮮丼にして食べることができます。

鮮度落ちが激しいので、生のうるめいわしは産地でしか食べられません。

高知では、この青光りしたうるめいわしを食べることも買うこともできます。

スポンサーリンク

真いわしとうるめいわしの違い

いわしにはいろいろな種類がありますが、小売でよく見る鰯(いわし)には真いわし、うるめいわし、カタクチイワシなどがあります。

普通いわしと言われているものは、真いわしのことです。

真いわしの体の側面には、幾つかの黒斑点があります。

焼いたり、煮たり、フライにしたり、ツミレにしたり、どんな料理しても美味しく大衆的な魚です。

近年漁獲量が減少しつつあり、将来大衆魚ではなくなるかもしれません。

うるめいわしは、灰色に青光りした色をしています。

真いわしのような斑点はありません。目が潤んでいるように見えるため、うるめいわしと呼ばれています。うるめには「潤目」という意味があります。

可愛いうるうるした目を持ついわしです。

鮮度落ちが激しいため鮮魚で出回る事が少なく、ほとんど加工品の丸干しいわしになって出荷されます。

カタクチイワシは煮干しやごまめ(田作り)や煮干しなる魚です。

シラスやちりめんじゃこもこの魚です。

スポンサーリンク

宇佐産うるめいわしを鮮魚で食べよう

高知では、このうるめいわしが鮮魚で売られています。

宇佐産のうるめいわしは有名です。

宇佐町は高知県土佐市にあります。

土佐市は高知市の西側に位置しています。

高知に来た頃、うるめいわしを見てこれは真いわし?ではないな???と眺めていました。

真いわしは鮮魚で見たことはありましたが、うるめいわしを鮮魚で見たことがなかったからです。

丸干しいわしの魚が生で売っている?!

灰色に光り、薄く青く光っています。鮮度が良いことは見てわかりました。

味は脂がのっているのにさっぱりしています。

真いわしと同じように、煮たり焼いたりフライにしたりツミレにもできます。

特に、朝どれ宇佐産うるめいわしは、刺し身で食べることができます。

朝どれ宇佐産うるめいわしはスーパーなどの小売店で買うことができます。

見つけたら即買いです。

また宇佐に行けば、うるめいわし丼が食べられます。

いわし好きな人は、一度はこのうるめいわし丼を食べてみてください。

このキラキラ青く光るうるめいわしの鮮魚は、高知でおすすめの魚の一つです。

うるめいわしの料理

普通に焼いても美味しいですし、煮ても美味しい魚です。

やはり魚は鮮度が命。新鮮なうるめいわしはどんな料理にも合います。

うるめいわしも真いわしと同様、手開きが簡単にできる魚です。

手開きにしてフライにしてもあっさりして美味しい。

手開きして大葉を巻いて、焼いたり上げたりしても最高です。

特においしいのがスミレ。

自分で手開きして作っても美味しいですが、時々スーパーで売っていることがあります。

鍋に入れて食べると最高です。

おそらくツミレの中で最高に美味しいツミレで、出汁もしっかり出ます。

うるめいわしのツミレ鍋の出汁はおじやにしましょう。