Translate:

41. サビキ釣りは初心者でも楽しい釣り

サビキ釣りは楽しい fun-jiggle-fishing

サビキ釣りとは、小さなカゴにマキエを詰めて海中に入れ、揺らしながらマキエを広げ、魚をおびき寄せます。

集まった魚は針をエサと間違えて食いつき、それを引き上げる釣りです。

スポンサーリンク

サビキ釣りは誰でも楽しい釣り

サビキ釣りは大人も子供も、女性でも楽しい。

というのも、まず釣れる(釣果)んです。

釣りはやっぱり釣れてこそ楽しい。

普通釣りに行っても釣れるとは限らない。

潮の流れや時間帯にもよりますが、一日中竿を投げても、ほとんど釣れないことだってあります。

しかし、サビキ釣りは釣れる確率が高い釣りです。

釣れたときの感動こそが釣りの楽しさ。

釣りの楽しさを体験するには、サビキ釣りはぴったりの釣りなのです。

またサビキ釣りは、無理に遠投する必要もありません。

体力も力もなくても釣りができます。

おまけにエサはアミエビ。

多毛類のゴカイと違って、気持ち悪くありません。

針にエサを刺す必要もなく、カゴにマキエ(撒き餌)を入れるだけ。

子供でもできます。

そして、サビキ釣りは漁港や堤防に行けば釣ることができるので、誰でも簡単に始めることができます。

わざわざ船を借りたり、どこかに渡してもらったりしなくても、近くの漁港か海の堤防に行けばそこで釣ることができます。

スポンサーリンク

釣りとトイレ問題

子供や女性にとって、釣り場所はとても大事なのです

トイレにいつでも行けるからです。

このトイレ、釣りをするときの大問題。

 

とくに女性、それから子供連れには、大、大、大問題。

釣りに行くときは、まずトイレが有るかどうかが気になります。

漁港でサビキ釣りをすると、どこかにコンビニやトイレがあるので助かります。

釣りの楽しさ

釣り慣れしている人は、釣れるまでの工夫も楽しいかもしれません。

しかし、初心者や慣れていない人にとっては、まず釣れたときの感触と達成感が一番。

サビキ釣りは、釣れる場所と釣れやすい時間帯に行けば、ほぼ釣れます。

群れに当たれば入れ食い。

力は要らない。エサも簡単。おまけに釣れる。

こんな楽しく誰でもできる釣り、それがサビキ釣りです。

高知市の近場では、高知新港や土佐市の宇佐、東側では香南市の手結港の辺りがおすすめ。

着いたらトイレの場所は確認しましょう。

また以前、高知県西部の土佐清水港に立ち寄った時に、魚が湧いているほど見えていました。

あ~・・、ここに釣り竿があってサビキ釣りをしたら釣り放題かも、と思ったくらいでした。

愛媛に行く途中だったので、泣く泣く諦めて土佐清水を後にしました。