Translate:

71. 国道33号線から越知町、そして中津渓谷~国道439号線

とさくら とさくらマンガブログ ブログ Tosakura 高知  仁淀川 仁淀ブルー 中津渓谷 清流

久しぶりに国道33号線を通って中津渓谷の温泉へ行きました。
国道33号線は高知から松山へ行くルートですが、山が険しい。

スポンサーリンク

国道33号線から越知町コスモスまつりへ

マンガ とさくら とさくらマンガブログ ブログ Tosakura 高知 越知町 コスモス コスモスまつり 国道33号線

国道33号線は高知市から越知町を抜けて、久万高原を通り、松山に行く国道です。
国道であるが規格が古いのか、道幅も路肩も広くないので運転には注意が必要です。
険しい山脈を超えるので、高低差も左右のカーブも多い道になっています。

松山に早く行きたい人は高速道路をお勧めしますが、国道33号線を使うと途中に四国の自然を堪能できます。

国道33号線を走っていると、今日は対向車の車が多い。
そういえば、越知町でコスモスまつりをやっている期間でした。
少し立ち寄ることになりました。

越知町の宮ノ前公園に一面のコスモス畑が広がっていた。150万本のコスモスは圧巻です。
コスモス畑の道は迷路の形になっています。
行き止まりに当たると、コスモスの中を引き返す。
風に揺れているコスモスが本当に美しい。

屋台やイベントもコスモスまつりの最終は開催されます。
アメご釣り、アメゴの塩焼き。ツガニ料理が名物で、ツガニ汁、ツガニ飯。

昔のコスモスまつりはただコスモスが一面にあるだけでしたが、今ではすっかり一つのお祭りになっています。

可憐な花であるコスモスは、秋の風物詩でもあります。
夏が終わってもうじき冬が来るのか、と思いつつコスモス畑を歩いてまわりました。
ちなみに、コスモスの花言葉は乙女の真心。

スポンサーリンク

高知県内の国道33号線のお店

越知町を抜けて、33号線を走る。
途中にあるラーメン屋自由軒本店、ドライブイン引地橋のこんにゃくは知る人ぞ知る店です。

越知町の自由軒本店は、いくつかある暖簾分けした自由軒よりも美味しい。やっぱり本店だ。
しかし、道や橋が付け替えられ、自由軒本店は道沿いではなくなって、少し入る必要がありますので注意してください。
それでも、やはり立ち寄りたいラーメン店です。
国道33号線を走るならば、絶対行くべし。

ドライブイン引地橋のこんにゃくは有名で、高知市内でも売られています。
ここのこんにゃくは美味しいだけではなくて、歯ごたえが普通のこんにゃくと違います。

市販のこんにゃくはふにゃふにゃのこんにゃくもありますが、ザクザクした歯ごたえのある美味しいいこんにゃくもあります。
しかし、引地橋のこんにゃくは、歯ごたえがあるだけではなく、独特の触感があるこんにゃくです。
形容できないこの歯ごたえ。
引地橋のこんにゃくは、他では味わえないこんにゃく。
見かければ、買うことをお勧めできるこんにゃくなのです。

湯の森と中津渓谷

とさくら とさくらマンガブログ ブログ Tosakura 高知 仁淀川 仁淀ブルー 中津渓谷 清流

高知県で有名な河川の一つに、仁淀川があります。
清流と言ってふさわしい川。
「仁淀ブルー」と言われる美しい色を持っている清流。
本当に仁淀ブルーと言われるだけの青さと透明さを持っています。

その仁淀川の清流を見られる渓谷の一つに、中津渓谷があります。
中津渓谷から出てくる仁淀川の支流の一つも、美しいブルーの色でした。
水量も多く、透明で青い。
水質は最高な川です。
清流の音が癒やされます。

その中津渓谷の近くには、ゆの森という温泉があり、水質はアルカリ性単純硫黄冷鉱泉です。
皮膚炎や体の痛みに効きます。
湯の温度はぬるいので、長い間入っていられます。
皮膚炎のある手がツルツルに。

とさくら とさくらマンガブログ ブログ Tosakura 高知 仁淀川 中津渓谷 ゆの森 温泉

山の風景を見ながら、中津渓谷からの川の流れを聞く。
人生の洗濯時間。
素晴らしい温泉タイムでした。

ただ遠いな~。もう少し近ければな~。

新しくなった国道439号線

国道439号線は「ヨサク」と呼ばれた酷い道、つまり酷道でした。
今は改修されてきれいになった部分が多いですが、一部では酷道の状態が残っている道です。

中津渓谷から高知市内に帰る道では、国道439号線は改修された道になっています。
帰りは国道439号線を通って194号線に出ることになりました。
改修された国道439号線は道幅も十分あり、歩道も広く整備されていました。

しかし、自販機がない。
見かけた自販機は、仁淀川町にひとつだけ。
交通量の少ない道なのかもしれません。

途中長い長い真っ直ぐなトンネル。
規格が新しいので広い。

やがて国道439号線はいの町に入り、そして194号線に合流。
191号線を走り、土佐和紙工芸村くらうどの前を通り、いの町紙の博物館の前を通り、高知市内へ。
日は暮れて、夜になっていました。

山と川を堪能した一日。
中津渓谷から出てくる仁淀川の支流は、やはり青くて美しかった。
さすが仁淀ブルー。